1級鳶技能士への道
 永井組では各種試験・資格等取得を奨励していますが、特に1級鳶技能士の受験に
むけて社内指導員が社員ならびに協力会社の受験者むけに、勉強会をひらいています。


 平成16年度からは受験の資格要件が緩和され受験しやすくなりました
 (例 1級鳶・・・実務経験 12年から 7年 実務経験のみ)
 (  2級鳶・・・         3年から 2年 実務経験のみ)

16年の社内受験者のN氏 同じくI氏
初めての練習のN氏はH指導員から説明
を聞きながら
3度目の練習のI氏時間を計りながら
まずはスミ付けから
1級鳶練習1 1級鳶練習7
次の単管はどこへ運べばいいのかな? クランプの向き指導をK指導員から聞く
1級鳶練習2 1級鳶練習8
一つ一つの作業でスミと合わせながら 丁寧にしないと収まりが合わないようだ
1級鳶練習3 1級鳶練習9
1級鳶練習4 1級鳶練習10
1級鳶練習5 1級鳶練習11
合掌の収まりに注意しながら ほぼ完成  次回は時間短縮をめざして
1級鳶練習6 1級鳶練習12
気温36度の中での練習おつかれさま。熱中症に注意してね。

1時間30分という限られた時間内に、図面通りの小屋を
            正しい手順で・安全に・早く組立なけらばならない。
永井組関係者で実技の不合格者はまだいない・・・

技能検定とは
技能検定制度は、働く人々の有する技能を一定の基準によって検定し、これを公証する
国家検定制度であり、労働者の技能と地位の向上を図ることを目的に、職業能力開発
促進法に基づき実施されています。

実技試験と学科試験にわかれており、鳶の実技は(小屋組み・重量目測・コロです)

トップページへもどる

会社案内   業務内容   工事経歴   年間行事   another side  資格制度  リンク集